NKK4mロボットプロジェクトとは


巨大ヒューマノイドロボット(ロボットアニメ「機動戦士ガンダム」のモビルスーツ)の開発を目標にして2010年に身長4メートルのロボットプロジェクトをスタートしました。 胴体内のコックピットに搭乗して操縦するこのような巨大な二足歩行ロボットは世界にも前例がなく非常にチャレンジングな目標です。

我々のプロジェクトに対してスポンサー・協力者を募集しています。

最新の開発状況はフェイスブック(facebook)で発信しています。

 

巨大ヒューマノイドロボット(モビルスーツ)の開発

2002年に小型二足歩行ロボット(1号機)の開発を始め、2007年には身長1mのヒューマノイド(25号機)、2009年には世界最大級の身長2m10cmのヒューマノイド(33号機)が完成しました。現在の目標は身長4mのコックピット内蔵型ヒューマノイドロボット(43号機)(ロボットアニメ「機動戦士ガンダム」ではJr.モビルスーツともいう)です。その次は8m、18m。身長18mのガンダムサイズ(モビルスーツ)が最終目標です。18mの巨大ヒューマノイドロボットに搭乗して大阪の御堂筋を歩きたいです。以下に4mロボットの開発状況を画像でご紹介します。

4mロボットのアクチュエータユニットの動作試験
YouTube Preview Image

 

 

 

4mロボットの片足屈伸の動作試験
YouTube Preview Image

 

 

 

ご質問やご相談は、お気軽にどうぞ。

お電話でのお問合せはこちら

  • お電話06-4808-0686

お問合せフォームはこちら

お問合せはこちら

ページトップへ
ページトップへ